インターネット時代の技術情報調査

注目事項のビジネス情報 


 トップ 情報調査の書籍  電源構成再構築  ビジネス情報 



< このサイトで紹介している「インターネット時代の技術情報調査」の手法を用いて、注目事項に係わるデータを調査し、最低限のコメントを付けて記載しています。 >



中国経済|電力消費・鉄道貨物/住宅バブル・企業債務:「GDPの推移」
低迷していた中国経済は、2016年後半頃から回復の兆しが見られます。しかし、住宅バブルやインフラ投資に支えられたものであり、企業債務の増加など、多面的に経済データを眺めることが必要です。このページには、関連の経済指標の中期データを掲載しており、毎月データを追加更新しています。

China │ Data : Housing Bubble, Increasing Debt, Growth Slowdown

前項の英語版です。


統計データで見る中国経済の減速
下記の中国経済に関するウェブページのコンテンツを整理し、1冊のレポートとして無料公開しているものです。完成した原稿から随時掲載しています。


中国のGDP値に対する疑念と代替指標を用いたGDP値推測の試み
中国政府が発表するGDP値は、中国経済の専門家から疑念が持たれています。このレポートは発電電力量や鉱工業生産量などの代替指標を用い、GDP値の検討を行うとともに、疑念の定量化を試みたものです。


中国経済、構造転換とバブルの後遺症処理
中国の株価指数「上海総合」の急落は、世界の株式市場に大きな変動を引き起こしました。しかし、それは表面に現れた一つの現象に過ぎません。今、中国経済は、高度経済成長から安定成長への構造転換と、バブルの後遺症処理の問題を抱えています。


中国の鉱工業生産の推移、68品目の10年間
中国国家統計局は、68品目の鉱工業生産量を毎月発表しています。中国経済は減速しており、2015年8月までの鉱工業生産の累計値で、半分近い品目が前年の生産量を下回りました。全68品目の生産量について、過去10年間の対前年比増加率のグラフを掲載しています。


中国経済の減速とサービス産業の拡大
中国経済の減速は、世界経済に大きな影響を及ぼしています。中国の鉱工業生産の増加率低下が明確となりましたが、サービス産業の拡大が、GDP成長率の鈍化をある程度抑制しています。このページは、中国のサービス産業のデータを紹介しています。


データで示す中国経済の構造転換と減速の実態
2015年に入り、中国の輸出入の対前年比増加率はマイナスで推移し、不動産開発投資もほとんど増加がみられません。鉱工業生産は主要品目の4割が前年の生産を下回っています。中国経済減速の現状を、国家統計局が発表している統計データで紹介しています。


インドのビジネス・産業に関する書籍
中国につづき世界経済を牽引するのはインドと考えられています。エネルギー消費やCO2排出でも大きな影響を及ぼすことは確実です。インドのビジネス・産業に関する日本語書籍300件余を、書籍内容と発行者により分類整理し俯瞰できるように掲載しています。

 Copright(c)2010新刊書紹介。All Rights reserved.